六本木 中嶋歯科医院|その不快感、歯の噛み合わせの悪さが原因かも。

噛み合わせ

噛み合わせについて


病院で診てもらっても脳や内臓に悪いところがある訳でもなく、原因不明の頭痛や肩こり、腰痛など不快な症状に悩まされていませんか。

頭痛や肩こり、腰痛など不快な症状が出るからには、やはり何らかの原因があるはずです。

噛み合わせの影響

不快症状を放っておくとイライラしてストレスとなり、さらに心身を蝕んでいきます。このような症状の場合、外傷疾患や内蔵疾患、精神的ストレスの他に、歯の噛み合わせの悪さが原因になっている場合が以外に多いのです。噛み合わせが悪いと、頭痛や肩こり、腰痛はもちろん、集中力や忍耐力の低下、認知症の進行といったように心身の健康にも大きく影響してきます。

つまり、噛み合わせが悪いと歯が受けた悪い刺激が口腔組織から脳に伝わり、脳は顎を動かす筋肉に噛み合わせをずらせと指示します。すると、顎がずれてしまい、顎の筋肉はもちろん、首や頭、肩の筋肉までが疲労してきます。その疲れた筋肉をカバーしようと、肩が上がり、バランスと取ろうと首が傾き、背骨も湾曲してきます。しだいに不自然な状態、姿勢が骨盤等身体全体に波及し、筋肉や骨の傾きは神経を圧迫、様々な症状となって現れてくるのです。

歯医師から見て、良い噛み合わせというのは

単に歯並びがきれいと言う事だけではありません。上下の歯が噛んだ時に、歯が力学的、生理学的に安定した位置にあり、どんな噛み方をしても、歯や歯を支える歯周組織、歯槽骨に負担がかからない状態になっている事が良い噛み合わせなのです。

歯を矯正したり、冠を被せたりして見た目にはきれいに治療されていても、ほんの少しの噛み合わせのずれやイヤな当たりにより健康のバランスを失う事が多々あります。頭痛や肩こり、腰痛といった痛みや吐き気、目まい、自律神経失調症などの症状に鎮静剤や睡眠薬など対処療法をほどこしても根本的原因が噛み合わせにあるとしたら、症状は決して完治しません。

中嶋歯科医院の噛み合わせ治療

首の痛みや肩こり、腰痛などの症状が、歯の噛み合わせが原因なのかを見極めなければなりません。まず噛み合わせのズレ具合いや歯並び、顎はもちろん、全身の歪みをチェックします。さらに、一本一本の噛み合わせの面を咬合紙という物を使い細かくチェックしていきます。

噛み合わせが原因である場合には、咬合紙により印記された歯にとって悪い当たりの部分を調整していく訳です。噛み合わせは垂直、水平、前後の3次元的動きがありますから、そのどれが悪いのかを突き止める為に更に具体的に調べていきます。

通常、患者様は歯を削る事を嫌がりますが、この治療は上下の歯の噛み合わせを徹底的に注意深く診て、負担となっている所を取り除いていくものです。当然強く当たっている所もあれば弱い所もあり、どの当たりが噛み合わせのズレの原因になっているのかを診断し、ミクロン単位で調整していきます。

逆に噛み合わせが低い場合は、その部分を足し、一口腔単位で治療を進めていきます。

噛み合わせ治療をおこなうには

当然、虫歯の治療や歯周病等の治療・予防も重要である事は言うまでもありません。病気には、それぞれの原因が複雑に絡み合う場合が多く、それぞれの病気に対するきちんとした治療なしに完治はありえません。場合によっては、他の診療科をご紹介する事もあります。

一本でも歯が欠けていたり、合わない詰め物や被せ物が噛み合わせを悪くします。入れ歯にしても、周囲の筋肉や骨が年月とともに老化していくのですから、だんだん合わなくなってきます。従って、定期的チェックもかかす事はできません。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る